笑うと歯茎に視線が集まるガニースマイルを手軽に改善可能な美容整形治療の利点と費用

ボトックスの作用とは

看護師

ボトックスで得られる効果とは

ボトックス注射を体内に注入することによって美容効果を得ることができます。ボトックスを注入すれば筋肉の過剰な動きを和らげることが出来るのでしわ軽減などの目的で使用されることも多いでしょう。気になるしわ部分に注入することによって患部の筋肉が萎縮します。その作用もありしわが段々と目立たなくなるという仕組みです。効果の持続性については個人差はあるものの、4か月から6か月程度とされています。ボトックスの種類によってはより持続性が高いものもありますので、メンテナンスのペースや1回の施術料金などを考慮した上、施術を受ける美容外科や美容皮膚科を決めましょう。まずはカウンセリングの予約から行うのが一般的です。ボトックスの施術は短時間で行えるので、カウンセリング後そのまま施術をうけることが出来る場合もあります。注入する位置などによってボトックス効果が変わってきますので、カウンセリングやシミュレーションは重要です。また、契約内容を把握しておく必要がありますから、サインする前にしっかりと契約書に目を通してください。正しくボトックスを利用すれば美容と健康にプラスになりますし、継続的にメンテナンスを行えばボトックス効果の定着率も高まります。

ボトックスは筋肉に作用して過度な動きを抑える効果がありますが、ボトックス効果を持続させるためには定期的なメンテナンスが必要になります。注入する箇所によってボトックス効果の持続率は変わってきますが、しわ取りで行う場合は大体長くて効果は半年程度です。3、4か月頃から徐々にボトックス効果が薄れて当初の状態に戻ってきます。ですので、効果が薄れてきた段階で再度注入する必要があります。一時的にボトックス効果を得たいのならばメンテナンスの必要はありませんが、継続的に状態維持したいのならば半年から1年に1度程度は再注入することをおすすめします。小顔目的で行うボトックス注射に関してはエラ部分に注入するのですが、大体半年から1年程度持続します。また、人によっては3〜5回程度ボトックスを繰り返して注入することによって定着率がグンとアップしてほとんどメンテナンスが必要なくなるケースもあります。また、足痩せ目的でふくらはぎに注入する場合は大体効果は半年程度です。筋肉を使うと使った部分の筋肉が太くなっていきますから、注入後はしばらく過度な運動を控えたほうが良いかもしれません。注入後すぐに患部の筋肉を使い過ぎると効果が薄れる場合もありますので気を付けましょう。